2019年10月4日金曜日

薪ストーブ(モルソー1510)の修理

20数年前から使ってきた薪ストーブ、モルソー1510がだいぶ傷みました。
補修を終えて

内側の天井の仕切り版、バッフル(1325)が大きく変形してしまったのです。
この状態で数年は使ってきましたが、危ないと・・・。
左が新しいバッフル
新しいバッフルを取り付けた内部
耐火材が割れていますが大丈夫でしょう

モルソーの1510はすでに廃番となっていましたが、ストーブ屋さんにお願いして部品を探していただきました。
この部品が無かったら鉄板で作ろうかとか、新しいストーブにしようかとか考えていましたので、見つかって助かりました。

この機会に、気密の悪い隙間を耐火パテでふさぎ、さびている場所の錆を取って耐熱塗料を塗りました。

開いた目地を耐火パテでふさいで塗装

そして、煙突の掃除。
断熱煙突との継ぎ目から・・・
試運転終了

これでこれから迎える冬は・・・安心です。


0 件のコメント: