2018年10月14日日曜日

最初の住宅

兄も私も、終戦直後大田区東雪谷1丁目の借家で生まれました。
両親は共に実家を空爆で失っています。

焼け野原の中で、私が物心ついた時の住宅は4畳半一間の図面の家(駒込)。
天井が無く小屋組の見える、一部焼け跡からの廃材を使った家であったことを記憶しています。
この家で親子4人が生活しました
今その当時の平面図を見ると家とは言えないようなものですが、それが私の住んだ最初の住宅。

その後増築し、小学校低学年の時に建て替え、何回か増改築を繰り返した記憶があります。
決して貧しさは感じていませんでしたが、それは周囲が似たような状況だったからでしょう。

父が旅立って、葬儀も終わり、ここ数日昔の事を想い出す時間がありました。

明日幾つかの用事を済ませて、明後日毘沙沢に戻ります。

2018年10月9日火曜日

父のこと

大正8年、1919年生まれの父が昨日早朝に他界した。

1919年とは第一次世界大戦が終わった年、パリ講和会議が行われベルサイユ条約が調印の年と年表にある。

大正12年の関東大震災の時、父は4歳8か月で大地の大きく揺れる体験を五反田の自宅近くで味わっている。ゆえに「地震は怖くない」とつい最近も話していた。

1931年、12歳の年に満州事変が起こり日中戦争に突入。
1941年、22歳の年に太平洋戦争が始まり、26歳の年に終戦。

技術者であったためか戦地には出向いていないが、昭和20年4月13日東京大空襲で全てを失っている。

そうした激動の中で青春を過ごしたためか、芯が強く、社会の変化への適応力にも優れていたように見える。

それと比較して、私の育った生活環境は何と平安・平和なことか。

父が他界する前夜、イギリスの孫とSkypeで遊んだ。
遠く離れ、英語を話す孫にもそうした血がつながっているのかと思うと、不思議である。
Skypeの向こうの孫

2018年10月4日木曜日

お隣町のイベントですが

10月8日体育の日の「南会津新そばまつり」、田島吹奏楽団で出演します。

演奏は
10時30分から11時30分
14時30分から15時30分の2回です。

曲目は
・ジャパニーズ・グラフィティ
・リメンバーミー
・紅の豚
・ドラえもん
・ど演歌えきすぷれす
・HANABI
・リトルマーメイド

そして、アンコール
・ダンシングヒーロー
・まつり

台風25号が近づいていますが・・・たぶん大丈夫。
聴きに来てください。

2018年10月2日火曜日

13年の重み

地方は、過疎地はとても速いテンポで変化しています。
毘沙沢の我が家の前の土蔵が今日消えました。
いや、片付けました。
今日の解体作業


13年前には、持ち主が冬の時期屋根の雪を下ろして守っていた建物。
当時は白山神社も今だ布沢集落によって維持されていました。
2005年1月の雪の中の白山神社と雪下ろし中の土蔵

その2つの建物が今消えました。

江戸の昔から続いてきた山の暮らしは、今、大変な勢いで変わろうとしています。

地元ではこれは当然のこととして受け入れられているように見受けられますが・・・私は未だ呑み込めないでいます。

2018年10月1日月曜日

額縁

私の木工の師匠は端材が溜まると、こまめに額縁を作っていた。
私はどうも額縁が苦手。

対象となる絵が無いままにイメージすることが難しいのと、中に入る絵より額縁を主にデザインしてしまう傾向が良くない。

そんなことで頼まれないと作らない。
ですから友達関係が主で、今回も昔からのお付き合いのSさん。
クリ材の額縁
イタリア・シチリア島でのスケッチ旅行からの帰国展で使って頂きました。
ご愛用の裂き織のバックは富美恵作
銀座の会場に出かけました。

2018年9月20日木曜日

新たな試み

県産材を使うことが条件となる「木景観形成促進事業」への取り組みで、いくつかの屋外家具を作ることになりました(地域おこし協力隊のFさんの依頼)。
本格的な屋外家具の製作は初。

6月に決まった仕事でしたが、材料の確保に時間が掛かりました。
家具に使う素材は乾燥が必要ですから、製材してすぐには使えない事情があります。

屋外に置く家具ですから、腐食に強い材料クリを使いたいと思いましたが上手く見つからず、カラマツとしました。
しかしながら、土に接する部材はクリ材を考えています。

今日、材料の搬入。
一部切り分ける作業を開始しました。
暑さ60mm長さ4メートルのカラマツの搬入は重かった

雪の前におおよその作業を終え、3月末にはすべてを終える計画です。
また途中で報告します。

2018年9月17日月曜日

出会いと別れ

「会津シンフォニック・アンサンブル」の只見での演奏会に出かけてきました。
ホルンが5本ありました・・・羨ましい。
途中で楽器の紹介など楽しい企画になっていましたね。

田島吹奏楽団の仲間ともお会いできたし、只見の久々にお会いするお友達にもご挨拶出来ました。
只見でお会い出来ました・・・ラッキー
そして、この9月で只見を離れる小百合さんとお別れのひととき。
オーボエ吹きの小百合さんとは「田島吹奏楽団」と「きらく」で合奏の思い出が沢山あります。
今月末故郷に帰ります。
寂しくなります。



2018年9月16日日曜日

上京のミッション

3週間ぶりの上京。
移動日を除くと正味4日ほどの滞在になりますが、その間に色々と予定を立てます。

今回は
1、修理を終えた霞が関ビルの椅子の状況確認
2、森美術館で開催の「建築の日本展」
3、父の100歳の祝いイベント
4、柏の葉吹奏楽団の練習

1は、写真のような状況で、いい感じで使われていました。数分の間にも何人かの方が腰かけました。製作者としては・・・ま、満足。


2、建築の日本展、前々からTVなどの報道で内容はおおよそ知っていました。「その遺伝子のもたらすもの」が筋書きを良く表しています。私が手がけてきた建築デザインとの関係を考えました。
三角スケールを持参すると100円安くなりました

3.大正8年1月生まれですから満100歳にはあと100日ほど先になりますが、いろいろな方々から祝って頂いているようです。施設の中で敬老の日のお祝いの会に参加しました。

4、11月25日の「晩秋のコンサート」に向けて練習。実はこの時痛風が再発していて、ちょっと厳しかった。
柏の葉吹奏楽団の公開練習

先ほど、毘沙沢に戻りました。
この間に富美恵は母親の施設を訪問したり、お友達との女子会に混ざったりしていました。
密度の高い都会での生活と、少しのんびりした毘沙沢での生活の取り合わせはなかなか魅力的。

2018年9月9日日曜日

吹奏楽

吹奏楽は今、全国の多くの小学校、中学校、高等学校のクラブ活動で盛んに取り組まれています。

吹奏楽には、クラリネット、オーボエ、ファゴット、フルート、サックスなど木管楽器が、そしてトランペット、ホルン、トロンボーン、チューバ、ユーホニアムなど金管楽器が、そして多くの種類の打楽器、ティンパニーなども登場します。
ハープやコントラバスなども使われます。

これらの楽器の多くはオーケストラにも使われています。
ですから、こうした環境から多くの音楽家が育っていますね。

そして、吹奏楽は楽譜がとても豊富。
コンクールも盛んで、名演奏を聴く機会も多くあります。

只見町には過去国体のために吹奏楽団が編成された経緯がある。
そして、楽器が残っています。

そんな只見町で、9月17日「会津シンフォニック・アンサンブル演奏会」のお知らせ。
田島吹奏楽団でご一緒している顔見知りの出演もあるようです。

都合を付けて出かけてみようと思います。

2018年9月8日土曜日

庭木を家具に・その2

今年の2月19日のブログに書きました。
そのケヤキのデスクの第二弾。

デザインも大きさもほぼ同じです。
今回も同じ材から作っています。

改めて、ケヤキは重たくて硬い。
しかしながら加工は気持ち良く・・・いや、刃物との馴染みが良い。

仕上がりは相変わらず派手、そして加工の時の匂いが強烈。
でも、長く使って頂ける家具には適しているのかも・・・と最近評価。

2018年9月3日月曜日

来訪者・その3

柏の葉吹奏楽団の若いお友達の来宅。
私達の子供達よりも少々若いのですが、ま、子供のようなものです。

「湯ら里」や「大塩」の温泉に浸かったり、「恵みの森」や「猫渕清水」に出かけたり。
夜は楽器の練習などもしました。
ブナの森の中で
アルトクラリネットとホルン吹きのお二人

この年齢になって、このような若いお友達が訪ねてくれるのも、毘沙沢・奥会津の魅力のおかげですね。

2018年8月28日火曜日

里帰りの椅子が戻っていきました

7月6日に書いた「家具の里帰」の椅子の修理が終わって今日出荷。
山の空気をいっぱい吸って戻っていきました。

全体のゆがみを修正し、将来の変形が起こらないように接合部を補強しました。
背の皮革の角度を調整したり、ゆるみ・張りを直し、皮革のメンテナンス。
木部の汚れを落として、ワックスがけなど再生に努めました。



素材は既存の物を使い、デザインはオリジナルを守る、が基本姿勢。
これでまたしばらく霞が関ビルの皆さんに座って頂けるはずです。


2018年8月27日月曜日

コンサート終わる

痛風の足を引きずりながらの演奏でしたが、何とか無事に終わりました。
Hさんは、手術からあまり時間が経っていないのに共に同じステージに立ちました。
田島吹奏楽団の演奏

これは、団員とそれを支えてくれている多くの若い皆さんのおかげですね。
団員の2組のご家族の赤ちゃんも、今回会場の雰囲気を盛り上げてくれていました。

昨日の御蔵入交流館は、他にも「アロマまつり」が開催されていて、多くの方にお会い出来ました。
「はいっと」の皆さん

「ねっか」の焼酎販売

アロマまつりのMさん
そのたびに、テレビ見ましたよ~~と・・・声を掛けて頂きました。

2018年8月25日土曜日

あれから一週間

8月19日(日)の『ポツンと一軒家』が放映された後、多くの方から電話やFBやLineで「観ましたよ~」というお言葉を戴きました。
全国への放映の影響力には驚きます。

テレビは編集内容を事前に見ることが出来ないため放映まで不安でしたが、ここでの生活を好意的に取り上げて頂けてホッとしています。

訪問者に嬉しそうな私<(_ _)>
遠方にお住まいで、毘沙沢へはなかなかお出かけいただけないお友達にも毘沙沢の様子が伝えられた事、元気な姿を(突然でひどい格好でしたが)見て頂けたことは良かった。
見逃した方はYoutube「ポツンと一軒家2時間スペシャル2018年8月19日」で見ることが出来るようです。

毘沙沢にもイロイロと・・・訪問者。

あれから一週間、少し落ち着いて、昨晩は久々に明和自治振興会産業振興部で空家等対策会議。
今年度から町は、新体制で、空き家対策を地域創生課で扱う事になりました。
その地域創生課の課長、係長のお二人をお迎えして、今後の取り組みなど意見交換させていただきました。

空き家は今後その数を増すことが予想されます。
守りではなく、攻めの行政が望まれます。

今日はこれから、田島吹奏楽団の練習へ出かけます。
明日はいよいよ本番。
田島方面にお越しの方、是非是非会場を覗いてみてください。
途中空いた時間に少しだけ覗いて頂いてもOKです。
勿論、無料です。

日常の生活に戻りました。

2018年8月15日水曜日

突然の出来事でした

ある日突然突入してきた撮影隊。
良く分からないうちに「ポツンと一軒家」《8月19日(日)18時57分からABC・朝日放送TV》の中に毘沙沢は飲み込まれました。
ドローンを飛ばす撮影隊

バラエティー番組で、面白おかしく取り扱われることも予想されるので、放映されるまで誰にも話すまい、と当初考えていたのですが、何処かで知られて「なぜ毘沙沢応援隊の私に教えてくれなかったのだ」と後々非難されるのも本意ではない。
家の前を飛ぶドローン

不安の中で取材を受け入れたのですが、多少の考えもありました。

都市部への人口集中、コンパクト化、そして日本の末端地の疲弊。
こうした空気の中で、価値観を少しでも逆回ししたい。

その為に、末端の地(ポツンと一軒家)でこうした生活をしています・・・・などと、全国の多くの人に知って頂くのも悪いことではない、と、ま、少し前向きに考えた訳です《この番組に、そうした過疎地の応援団としての趣旨を見出したいとの願いでもありました》。

とはいえ、どのような番組になるかは良く分かりません。
時間がありましたら・・・観て、ご確認ください。

2018年8月12日日曜日

どうしてこんな奥山に住んでいるのですか

この質問は、この地を訪れる多くの方から訊ねられます。
その答えはこんなことなのかもしれません。

今日は、南会津第九の会の演奏会で指揮をされている指揮者、T先生のご家族が、サナエさんの案内で遊びに見えました。

「大自然、手作りの空間、美味しいケーキと、全てが幸せな時間でした・・・」と、奥様からの言葉を戴きました。

私達がこのように不便な地に住み続けるのは、きっと、この地を大切な場と考えて頂ける多くの人達の温かい目があるからなのだと改めて感じました。

そういえば、先日も地域おこし協力隊のお二人と、そうした魅力についてお話
したことがありました。
地域おこし協力隊のお二人と


天使のようなお嬢さんの訪問に英国の孫を思い出しています。
ありがとう。

2018年8月9日木曜日

来訪者・・その2

柏の葉吹奏楽団でご一緒のお二人。
印西市を中心に、音楽活動をされています。

前回は秋にお見えになったのだが、何年前でしたか・・・。

台風を心配していましたが晴れました。
だったら山の中にでも入りましょう、とも話しましたが・・・温泉との答え。

1日目は「むら湯」、2日目の朝は「大塩温泉」へ出かけました。
そして、黙々と練習練習でありました。
練習に熱中

本当に、音楽が大好きのご夫婦ですね。

2018年8月3日金曜日

来訪者

毘沙沢には過去に本当に沢山の訪問者が居て・・これはこの地の財産です。

私達が移住した2001年以前からも頻繁に遊びに見えている藤森さんは、職場の同僚で、その後山梨県明野で自ら古民家再生を楽しんでいます。
2001年5月の藤森夫妻



昨日、久々にご夫妻でお見えになりました。
昨日の写真

湯ら里にて

お互いに歳を重ねましたが、気持ちは変わっていません。
ま、何時までも話が尽きませんね。

昔の懐かしい写真を少々掲載。

2018年7月30日月曜日

迷い鳩

朝の十時ごろでしたか、窓から中を覗き込むような鳩。

外へ出て近寄っても飛び立つ気配がない。
よくよく見ると両足に足環が・・。

多少おびえた様子が有ること、家から離れようとしないため、保護。
水などを与えて、ひとまず段ボールに入れて様子を見る。

足環には「日本鳩レース協会」の登録番号。

ブナセンターに連絡して対応をお願い。
持ち主の電話番号も足環にあり、山形県南陽市の方と連絡が取れる。
訓練のため、新潟県燕三条見附から放した様子。

今年生まれた若鳥で、たぶん、方向を間違えて迷ったのか、タカなど猛禽類に追われたのか?

久々に伝書バトを手の中に抱きました。
少し小型の賢そうなメス鳩でした。