2022年1月13日木曜日

林道圧雪情報・・・4

 次回の毘沙沢林道の圧雪は「1月18日(火)の午前中までに行う予定」。
との連絡を受けました。

17日の可能性もありますが定かではありません。
ライブカメラなどでブルトーザーの状況などを確認して行動してください。

2022年1月12日水曜日

今年は雪の多い年に・・?

 今日も只見町は激しい吹雪の様子。
天気予報とライブカメラからその様子を確認し、積雪の状況を記録するようにしています。

私達は9日に山を下りました。
家の周りの雪は、ほぼ片付けましたのでしばし安心。

1月9日の様子

帰り道、林道の電線の状況をチェック。


林道途中の電線の様子

今回は4か所で断線の危険が有りそうな状況を写真に収め、町と区へ報告しました。
東北電力の仕事となるようで、区からの連絡と町からの後押しで、今日12日に作業に入るとの情報を得ました。
ひと安心。

気温が低いためでしょうか、林道途中の家々の屋根の雪が落ちていません。
このままの状態でさらに雪が積もると、屋根が心配です。
人が住んでいる家は内部からの熱で屋根の雪は落ちるのですが、留守宅は暖かい日が無いと何時までも落ちないので困ります。



途中の家の屋根の雪の様子

予報では12、13,14日と雪。
来週の早いタイミングで、また出かけなくては、我が家も心配です。

柏オフィスの今日は快晴。
冬型が強まっているのでしょう、北風が強い。

壊れたパソコン、Surface Pro7を交換の為、マイクロソフトサービスセンターに送りました。
結局治らず、交換という手続きになるようです。
厄介な話ですが、仕方ありません。
早く代わりのパソコンが届くと良いのですが・・・。

2022年1月7日金曜日

お寒うございます

 新年あけましておめでとうございます。

私達は年末年始を都会で過ごしましたが、その間に奥会津は大雪。
雪の状況は、気象庁の情報や、町のライブカメラでチェックをしていました。
そして心配はしていましたが、雪の激しい時の帰宅は避けたくて、結局5日になりました。

毘沙沢林道
後ろが布沢集落

林道は直前にブルトーザーが走りましたので、ま、楽々でしたが・・。
途中の家の屋根には沢山の雪が残っていました。
そして、我が家も写真のような状況・・・や~~マイッタ。



早々にストーブ全開、3時間後にドドドドドドドドド・・の轟音と共に屋根の雪が落ちました。
バタン・・という音がして、一瞬屋根が壊れたかと思いましたが、無事でした。

6日は、時々お天道様が顔を出し、気温が低い除雪日和。
屋根から落ちた硬くて重たい雪を、朝から晩まで飛ばしていました。
それでも家の周りの3分の1ぐらいしか進みませんでした。
やれやれ。

屋根の雪が落ちた後の我が家



今年もこのようにして始まりましたが、元気にしています。
皆さまにとりまして、良い年でありますように。

家の窓から

2021年12月31日金曜日

林道圧雪情報・・・3

 年末年始の雪が収まりそうな、1月5日(水)午前中、あるいは4日(火)に毘沙沢林道圧雪の予定です。
時間ははっきりしませんが、ライブカメラ「森林の分校ふざわ」でブルトーザーの出動状況を確認ください。

2021年12月28日火曜日

14回目の年末の一言

 2020年「年末の一言」を書くことが出来ず、13回目は欠番となりましたが、今年を14回目としました。

12月22日・雪の道を歩いて我が家にたどり着いた直後の毘沙沢

昨年は、「想い出の中に」というタイトルで、毘沙沢での生活の始まる1994年から、このブログを書き始める直前の2007年秋までを70回に分けて記録。

前々から整理したいと考えていた製作家具の記録は、今年、「只見で生まれた家具」として71回に分け、321点の家具すべてを記録に残すことが出来ました。

共に、思い出しながらの作業で、あるいは消息の分からない写真などもあり苦労しました。
しかし、何とかこのようにブログの中に収め、何時でもどこでも見ることが出来る情報に定着する事が出来たことは嬉しい事です。

今年の毘沙沢での生活も、相変わらず新型コロナの影響を受けましたが、5月には2回の予防接種を終え、柏市と只見町を年間22往復(合計距離1万キロ)を走りました。
人が集まり難くなったこと、我が家でのイベントが少なくなったことなどが毘沙沢にじっとしていられないという現象となり、2地域を移動する行動になっているように思います。
都会と奥山との往復は肉体的には厳しいのですが、今の我々には必要な生活パターンになりつつあるようです。

そんな中で「大学生の家具作り」として、福島大学の大黒ゼミの皆さんが工房で家具を作ってくれたり、福島のTV局、テレビュー福島が「ふくしまSHOW」という番組で取り上げてくれる、という新たな動きも有りました。
大黒ゼミの活動が目指す「地元に根差したスローな地域の楽しみ方」の中でまたお会いできればと思います。

数日来の大雪で、今日現在毘沙沢は陸の孤島となっています。
こうした状況を何とかしよう、という活動が布沢区の中で動き出しています
12月8日、区から町長と議長に対して、林道沿線居住者の安全な生活のための新たな陳情書が出されました。

過疎高齢化に悩む町の中で、コンパクト化の動きを止めることはやさしい事ではありません。しかし、町行政の当事者がそれを認めたら、町の存続そのものが危ない。
この町は、毘沙沢のような末端も決して見放さないという意思を示してこそ生き残れるのだと思います・・・末端の生活に優しく強い只見町を目指してがんばれ。

私達は、今年も多くの方々に支えられて、何とか毘沙沢での生活を続けることが出来ました。
お礼申し上げます。
そして、来年もまた皆様にとって良い年でありますようお祈り申し上げます。

2021年12月27日月曜日

林道圧雪情報・・・2

 現在只見町の積雪量は120㎝と記録されています。
今日の町農林建設課からの連絡です。
今回の雪が一段落する12月29日(水)に林道の圧雪を予定しているとの事です。

ブルの走る時間ははっきりしていませんが、歩行の際は気をつけて下さい。

2021年12月24日金曜日

楽天モバイルの基地局が来る

 毘沙沢は、現在携帯の電波が届かない地域となっています。
そんな場所に、来年楽天モバイルが基地局を設置する計画。

最初は冗談か何かの間違いか・・と思っていましたが、本当のようです。

現在の電波の状況と毘沙沢
青の破線が毘沙沢林道

只見町の中の毘沙沢の位置

電波による健康への影響なども気になるところですが、前向きに考えることとしました。
果たして私たちの生活にとってどんな意味が有るのか・・・不安を残しつつ。

現在は光ケーブルのおかげで特段の不便は在りませんが、新たに楽天モバイルの基地局が出来ることで毘沙沢の生活に別の展開が生まれればとの期待もしたいのです。

「景観の事を考えれば・・・」との意見もおありかとは思いますが、末端の地の生活者の選択・・・です。
都市部とのパイプをしっかり繋げたい・・・只見町の未来のために。

2021年12月23日木曜日

3泊4日の旅

 前々からの予定を決行。
目的は飯舘村でのイベント「いいたて村民食堂」の覗き見と毘沙沢の除雪。

20日に柏をたち、一路宿泊先の飯坂温泉を目指しました。

正面が安達太良山

途中、気になっていた黒磯駅前の図書館への立ち寄り。
月曜日休館ですから内観はできませんでしたが、駅前の整備状況などと図書館の関係を拝見出来ました。
次回、時間を作って図書館内部を見学したいと思います。
黒磯駅前図書館
設計:UAo伊藤麻理

21日、飯坂から飯舘までは1時間ほど。
まだまだ帰還できない方々が多いこの村は、山に囲まれた静かなところでした。

道の駅は数年前に出来ています。
セブンイレブンが入り、観光客にも地元の方々にも親切な施設になっていました。

飯舘の道の駅

村民食堂は、福島大の大黒ゼミの皆さんが地元の方々と運営する月に1日の食堂。
そしてこの日はその初日。
私の工房で大学生の皆さんが作ったちゃぶ台が、初めて使われる会場です。

村民食堂の会場


懐かしい顔に出会え、美味しいおこわ飯、具だくさん味噌汁、地元のおばさんの漬物をいただきました。
それにしても、沢山の人と報道陣の賑わいには驚きました。

この日の夕方のTV3局のニュースでこのイベントは報道されたのですが、NHKのニュースには私達も出演し冨美恵がコメントしてました。
驚きの、嬉しい一日になりました。


NHKのニュースでこんな映像が

宿泊先の芦ノ牧温泉への途中で智恵子の生家を拝見。
高村光太郎と結婚した後、智恵子達は、私が育った豊島区駒込で暮らしていたことを知りました。

智恵子の生家

生家の庭にて

22日に雪の毘沙沢に向かい、今シーズン初の雪上歩行。
家の周りの除雪をしました。

圧雪でブルが走ってくれていました



2021年12月20日月曜日

林道圧雪情報

今日14時現在、只見町は53センチの積雪と記録されています。

◆林道の圧雪は12月21日(火)
あるいは22日(水)朝の予定と町から連絡がありました。
ブルトーザーの走行に注意して歩行ください

2021年12月18日土曜日

道の駅の事など

 柏市は43万の人口を擁する首都近郊のベットタウン、R6号線とR16号線が東西南北に貫いています。
そんなに立地の良い柏市ですが、道の駅は1か所、柏市の東、手賀沼のほとりに有る「道の駅しょうなん」。


長い事手狭で、週末などは駐車場に入るのがひと苦労という状況でした。

その「道の駅しょうなん」が新しくなり、12月16日に新館オープン。
昨日、雨の中を出かけました。

幾何学的な大屋根は何かの展示場のように見えます。
広々とした駐車場から、人々を受け入れるように大きな口を開けている。
天井の高い大空間には地元の野菜が整然と並びますが、この景色は最近の道の駅の定番。


交流都市只見町のコーナーを見つけましたが、想像以上に小さいスペースで、少々がっかり・・・でも、繋がりが残っていたので、嬉しかった。

只見町のコーナー

今まで使われていた既存棟は、来年4月に向けて改装され、レストランや焼きたてパンの店などがオープンするようです。

只見町は現在、町内での道の駅の建設に向けて議論をしています。
豪雪の地の道の駅の在り方は、解決しなくてはいけない課題が沢山あります。
慌てることなく、本当に必要な施設を、利権に関係ない澄んだ目で見て、適所に計画願いたいと思います。
頑張れ只見町。

数日前になりますが、久々に高校時代のFご夫妻とお会いしました。
食事をして、お話が沢山出来ました。
元気をいただきました・・・ありがとう。
また会いましょうね。


2021年12月7日火曜日

今の毘沙沢

12月5日(日)毘沙沢に戻りました。 
11月27日に積もった雪が写真のように家の周りに残っていました。

5日の我が家

今日7日、夜半から雨が降り気温が上がったのか、林道の雪も少しずつ溶けています。
おかげで今日現在何とか車が入っていますが、5日の林道は写真のような状況で、少々怖かった。

5日の林道

5日午後、今シーズン初、家の周りの除雪。
除雪機の様子を見るため、季節初めには操作に慣れるための時間が必要です。
少しずつ冬への気分を高めるための助走。

お友達から裂織りポーチのリクエスト。
亀岡のトレーラーハウスへ出かけてきました。
ありがとう。



2021年12月2日木曜日

ふくしまSHOW

 昨日19時から放映された「ふくしまSHOW]、私達は関東平野に居たため、残念ながらライブでは観ることが出来ませんでした。
今日のお昼から1週間、パソコンからTVerで観ることが出来ると伺っていました。
まだの方はそちらからご覧ください。

只見町の特集番組、町の中の果たしてどのようなことが取り上げられて、毘沙沢がどのように扱われるのか少々不安ではありました。

毘沙沢は、全国版のTVで「ポツンと一軒家」に取り上げられた経緯があります。
今回は、そうしたことを意識して演出されたように見うけられました。
何だかホッとしました。

ドローンによる空撮






担当のTUFチーフプロデューサーの伊藤さん。
映像にこだわり、照明にこだわり、そして全体のバランスを上手に組み立てていたと思います。
只見町のお友達も沢山出演していて嬉しかった。

先ほど伊藤さんからお礼のメールが届きました。
視聴率、高かったようです。

2021年11月27日土曜日

ちゃぶ台が嫁に行く

 初雪の翌日、大学生が作った「ちゃぶ台」がお嫁に行きました。
12月21日に催される飯舘村「までいな家」で開催の「いいたて村民食堂」で食卓として使われます。

福島大学の車で出かけていきました

嫁入りした「ちゃぶ台」4点

「・・・村民や関係者じゃなくても大丈夫!」と書かれていますのでお近くの方は是非お出かけください。
私達も、もしかしたら・・・。



裂織りを選んでます

大学生の作った「ちゃぶ台」のほかにも、毘沙沢の裂織りのランチョンマットとコースターにもお目にかかれると思います。 

2021年11月24日水曜日

初雪

予報通り、今朝から雪が降り出しました。
いよいよ雪国の冬が始まった…そんな雪です。



まだまだ根雪にはならないとは思いますが、冬の準備が終わってからの雪は何やら心地よい。

雪の直前、昨日仙台のYSさん来宅。
元気で良かった。



 久々でした。