2024年5月25日土曜日

引き継ぐ

 5月24日(金)、毘沙沢の風景・家屋・生活が次の世代に引き継がれました。

24日、家屋引継ぎの現場

毘沙沢の永い歴史からみれば、私達が過ごした30年などほんの一瞬の事ですが、私達にとってのこの地での30年は大切な重たい経験でした。

「工房毘沙沢」は「毘沙沢木工所」として次の世代に引き継がれ、私達が過ごした30年の先に、また新たな生活がつながる実感が得られたことは幸せなことと感じています。



今後の毘沙沢での活動について「毘沙沢木工所では、暮らしを豊かに楽しむ道具をつくります」との頼もしいメッセージを頂いています。
楽しみです。

そんな中、山の中までお出かけ下さった方々もおりました。
元気を頂きました。






お忙しいでしょうと、電話を頂いたり遠くから見送っていただいた方々もいらっしゃいました。
お世話になった皆様に、ご挨拶もできないで立ち去ることをお許しください。

このブログは、一夜明けて、柏市の書斎で春の気持ちの良い乾いた窓からの風を受けながら書いています。

2024年5月3日金曜日

残しつなげる努力は報われる

 このブログの2020年5月17日から10月14日の間に、毘沙沢の1994年秋から2007年秋までの13年間を「想い出の中に・・」として70回の投稿でまとめています。

1995年春にスタート



当時の写真を見返して、、、我ながらよくもこのように永い時をこの地にへばりついてこられたものだと不思議に思います。

当初、「どうしてこの場所に・・」と聞かれて「この地に暮らした昔々の人々に導かれて…」などと冗談混じりに話したものでした。
そのぐらいこの地と私達との関係は不思議なのです。

この場を離れるにあたって、ふと考えます、、守られていたなと。
この間多くの試練がありましたが、何とか無事に乗り越えられたのは、消滅しそうなこの集落を維持してきたことへの過去の人々からの見守りによるものではないかと、、。

滅びていくものを、社会の流れに逆らい、守り、次へつなげていく事は大切なことです。
しかし難しい事でもあります。
勿論周囲の多くの方々の協力があって続けられてきた事です。
しかしそこには、それだけではない見えない力が働き、支えられてきたような気がしてなりません。

棚田の跡から・・・写真の奥に集落が

水源の管理

過去に多くの人々が暮らし、大切にしてきた場所を次の世代へつなげる事。
この地を離れるにあたって、その意味をあらためて噛みしめています。

念願のドローンが空高く飛びました
早川記録の早川さん


先日も、名残惜しみ、この地を訪ねてくれた方々がありました。
ありがとう。

2024年4月26日金曜日

次の世代へ

昨年4月24日に町の空き家バンクに登録(公表は7月7日)してから丁度1年が経ちました。

2月14日に雪の中を歩いて訪問いただいた3組の希望者の中から、1組のご家族を選ぶ。
これはとても難しい辛い作業でした。
それぞれに簡単なレポートを出していただいて、それらも参考に選択させていただきました。

その後、売買契約を済ませ、今、5月末を目標に家屋を引き渡す準備を進めています。
私物あるいはゴミと思われるものなどを片付けて、今後この場所での生活に必要なもので使っていただけそうなものは残して、、、などと考えて、、。

1年前から少しずつ準備はしてきましたが、30年近い生活の垢は、心の中にも溜まっていてなかなか厄介です。
忙しさにかまけて、お世話になった町の皆さまには中々ご挨拶もできませんがお許しください。

この地を引き継いでいただけるご家族とは毘沙沢の家で、先日親しくお話が出来ました。
私達が30年ほど前の春にこの地に足を踏み入れた、そうした年齢と同じですから、まさに世代交代です。
新たな世代に期待したいと思います。
そして、温かい目で見守っていきたいと思います。
皆さまには、見守っていただけたら幸いです。


2003年に掲げた工房の看板、4月23日をもって、工房毘沙沢の看板を下ろしました。
二十数年間にわたり大変お世話になりました。

この場所で撮られた訪問者の記念写真
手元に沢山残りました

2024年3月19日火曜日

毘沙沢林道、春の除雪

 春の毘沙沢林道除雪。
今週末、3月23日(土)との連絡です。

雪が少ない年ではありましたが、春先の除雪は昨年よりだいぶ遅いですね。
天候不順の影響でしょうか。

除雪後の大きな降雪が無いことを祈ります。

ついでに、17日の演奏会、福島民友の昨日の新聞記事。




2024年3月18日月曜日

なかなか来ない毘沙沢の春

 ここ数年は、今頃の時期林道除雪が終わって車が入れる状態でした。林道除雪が毘沙沢の春ですが今年は未だ春が来ていません。
3月に入って時に雪が降るため、先延ばしになっています。

とはいえ、3月も後半に入り、そして町の議会議員選挙の投票日が24日と迫りましたから、今週中にはお願いしたいものです。

昨日、会津田島で行われた吹奏楽フェスティバルに1年ぶりで参加しました。
柏からの参加でした。ホテル1泊のトンボ返り。
事前に送っていただいた楽譜で練習をしていましたので、何とか、そんなに迷惑にならない程度には音も出ていたと思います"(-""-)"が、そろそろ限界でしょうか。

でもお誘いいただけることは嬉しいし、参加できることは喜びでもあります。
懐かしい沢山の顏にお目にかかれて、、、お世話になりました。



この間の都会での出来事を記録に残します。

●2月21日  都立大学南大沢キャンパス設計チームの同窓会は新宿中村屋

●2月24日  北柏松ヶ崎城址公園の河津桜のお花見


●2月26日   三井記念美術館「三井家のおひなさま」展で日本橋へ




●3月3日   我々の高校ブラバンの後輩、田中さん指揮の八王子由井吹奏楽団の定期演奏     
       会を聴きに八王子へ

●3月5~6日   藤森さんのお誘いで、外房ぶらぶら旅で鴨川へ
        むかしの仕事、ミレーニア勝浦と誕生寺を久々に尋ねる。


鴨川のホテルにて

ミレーニア勝浦

誕生時祖師堂

祖師堂内部

毘沙沢、次世代への引継ぎの件、少しずつですが前進しています。
契約が出来ましたら、改めて皆さまにお伝えしたいと思います。

2024年2月18日日曜日

地域の暮らしを次の世代に引き継ぐ

 私達のように他県からの移住者は、正確にはその地域の引き継ぎ手ではないのかもしれない。
事実私達は、昔からこの地に暮らした人々の暮らしとは直接のつながりを持たない(もちろん交流はあり見聞きはしたが)。

一時期毘沙沢集落の生活文化は途絶え、そこに私達は新たな生活スタイルを作ってきた。
そして今、次の世代に引き継ごうとしている。

そこには家があり山があり小川が流れ、かつての人々のくらしの証でもある山林・田畑・住居跡の痕跡も残る。

私達は今、そうした過去からのバトンを次の世代へつなげる作業をしている。
幸い、町の空き家バンクを通じて3組の希望者が手を挙げてくれている。
厳しい環境の中に新たな価値を見出してくれる若い人達がまだまだいることが嬉しい。

林道を歩いていただきました
私はこの場所で出迎え

我が家の前で
手前は案内役の和子さん

先日、厳しいと言われる冬の毘沙沢を案内する機会を作り、ご訪問いただいた。
例年になく雪の少ない毘沙沢ではあったが、雪国の生活の雰囲気は体感いただけたと思う。

この地で、楽しく新たな価値を見出して頂ける次なる世代の引継ぎ手、雪の無くなる春までには方針を出さなくては、、。

2024年2月11日日曜日

林道圧雪情報ー4

 今年は雪の少ない年で助かります。
明日午前中、林道に圧雪除雪でブルトーザーが入ります・・との連絡がありましたのでお知らせします。

2024年2月5日月曜日

雪の少ない年になっています

 1月23日~27日の降雪で、只見町の積雪が17㎝から100㎝(今現在は53㎝)となり、町のビックイベント雪祭り(2月9日~11日)の大雪像がなんとか形になったようです。
良かったです。

1月31日の雪まつり会場

私達は30日から2泊3日で家の周りの雪を片付けてきました。
天候に恵まれ快適な雪上歩行が出来ました。

家の前に到着
屋根の雪が落ちていてホッとします

林道はこんな感じ

このように雪の少ない年は、家の周りの除雪は必要ないのかもしれません。
でも雪国の人は、いつまたドカンと降るかが心配で、積もった雪はすぐに片すのです。

自然に積もった雪は簡単に飛ばします

屋根から落ちた雪は硬くて大変です

30年近いここでの生活から、私達はすっかり雪国の人になってしまったようです。

一方、軸足を都会に移しつつある今、都会の生活に馴染むための機会を見つけ、次なる展開を見出す努力もしています。

松葉町で柏市の在宅医療についての勉強

しぶや木工塾の訪問

木工塾の皆さんと


2024年1月28日日曜日

林道圧雪情報ー3

 23日から降り始めた雪が落ち着きました。
積雪量は、只見地区で27日に100㎝を記録しましたが、例年からはだいぶ少ない年になっています。

1月30日(火)午前中までに林道の圧雪除雪を行うとの連絡がありましたのでお知らせします。


軸足を少しずつ都会へ

 1月11日、穏やかな関東平野に戻ってから、しばらく奥会津の雪も静かでしたが24~26日と少々降り積もり、只見町の積雪が1メートりに届きました。
まだまだ例年に比べれば可愛いものですが、来週様子を見に出かける準備をしています。

次なる世代に毘沙沢を引きつぐためには、この雪の時期を見て頂いてから、、、との予定は2月の中頃、雪の様子を見て、と考えています。もうしばらくお待ちください。

家具の事、毘沙沢・只見町・奥会津の事しか考えてこなかった20数年の山の中の生活から、都会の生活への回帰はなかなか興味深い体験です。
少しずつですが昔の都会での生活を想い出し、足を運び、人と会い交流することで興味の視点が広がっています。

新年会で昔懐かしいふるさと巣鴨へ

木工・榎本教室の仲間と

日本設計の仲間との親睦会に呼んでいただいて荻窪へ

柏市松葉町・ふるさと協議会の会議にて

柏の葉キャンパスにて日本設計の後輩と

三井記念美術館と汐留美術館のはしごで
新橋と日本橋へ

柏の葉アーバンデザインセンターにて
学生の演習科目の公開講評会

車の移動だけから、バスや電車での移動が増え、知らない人の中に身を置くことにも少しずつ慣れてきました。

でも、冷たい北風の吹く日には、昔の出稼ぎのおじさんのように、雪に埋まる故郷を思い出しています。

書斎のパソコン画面には只見町のライブカメラの映像

そして、忘れないように少しだけ家具の作業もしています。


20年前に試作で作ったデニッシュ
座を張替え、背を新しくしました

裂き織りも場所を変えて少しずつ再開しています。